壮絶,うつ病闘病日記,妻の浮気妊娠,自殺未遂

人生の道を間違えた男の生きざま。うつ病発症して、妻に浮気されて、二度自殺未遂まで起こしました。挙げ句の果てに、生きてる価値無しと言われちゃいました。

壮絶,うつ病闘病日記,妻の浮気妊娠,そして・・

ここまで、ブログを見ていただき、ありがとうございます。
記事の作成が間に合わないので、少し時間を下さい。




鬱病患者さんの接し方3

鬱病患者さんの接し方。
理解しているような素振り

「くよくよしないで」

「あまり落ち込まないで」

など、患者の気持ちを正しく
理解できていないのにわかったような
言い方をしてはいけません。
うつ病は、患ったことのない人が
思っているよりもずっと根が深く、
つらい病気です。
自分が同じ経験をしたことが
あるわけでもないのに
「つらいのはよくわかるけど、
気の持ちようでしょう」
などと理解しているような言葉を
かけられるのは、逆に苦痛を与えます。
共感できるところを共感するのは
大切ですが、理解していないのに
しているような素振りはやめましょう。
ただ、
「理解しようとしている」
ということを伝えるのは良いことです。
 
解決しようとする

「今後どうしよう」

「○○をしてみたら?」

など、解決させようとする
言葉をかけてはいけません。
何かをしてみたらどうかと提案されても、
本人は何をするにも気力がわかない
ほどに心が消耗しています。
提案されてもできない、という事実が
重荷になってしまうこともあるのです。
うつ病の人は、この先どうしたら
よいのかわからずもがています。
その本人に「今後どうしよう」と言っても、
答えが出ず、答えが出ないことに対しても
自分を責める結果となってしまうのです。
助けになりたいと思うのなら、
「何かできることがあれば言ってね」
と、相手のペースに合わせ


 
伝えるべき言葉は
うつ病の人は、自分はダメな人間だと
攻めつづけてどんどん
ネガティブになっていきます。
もし、
患者本人が何かをうまくこなしたり、
あなたが嬉しいことや助かることを
してもらったときには、
褒めてあげたり
感謝の気持ちを伝えましょう。
ちゃんと助けてもらっていること、
ここにいて良いということを
伝えるの


 
まとめ
うつ病の人と接するのは、
とても難しいことで、面倒だと
感じることもあるかもしれません。
ですが、
一番苦しんでいるのは患者本人であり、
常に自分を責めながら病気と闘っています。
優しく手を差し伸べてあげられたら良いですね。



























e87.com(千趣会イイハナ)





DHCオンラインショップ



ミキハウス年間常設




トイザらス・ベビーザらス オンラインストア



タカラトミーモール



カタログ通販ベルーナ(Belluna)


オンワード・クローゼット



イオンスタイルファッション




日本直販オンライン




明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』




サンスターオンラインショップ




Rakuten Travel




JAL 日本航空