壮絶,うつ病闘病日記,妻の浮気妊娠,自殺未遂

人生の道を間違えた男の生きざま。うつ病発症して、妻に浮気されて、二度自殺未遂まで起こしました。挙げ句の果てに、生きてる価値無しと言われちゃいました。

壮絶うつ病闘病日記,第6話,妻の浮気妊娠,自殺未遂

*****第6章*****

私が、一番辛いのは、頭痛です。頭痛には、緊張性(頭が全体的に締め付けられるような痛み)と、偏頭痛(血液が、頭に流れすぎて、ズキズキする痛みで、吐き気を伴います)が、ありますが、私は、両方に苦しめられてます。
医者曰く、両方の頭痛は、ストレスから来るものだと聞かされてます。特に偏頭痛は、目が開けられないぐらいの痛さで、吐き気を伴うので、仕事中トイレでよく吐いてます。それと、下痢も辛い。何回もトイレに行くと、義父に叱られるので、ギリギリまで我慢します。

頭痛が、無い日は、ありません。薬で少しは、楽になりますが、あまり薬を飲みすぎると逆効果になります。

あと、夜中に頭が痛くて、よく目が覚めます、吐き気で朝までトイレで過ごす日も多いです。
薬は、どんどん増えていきます。

ある日、妻から言われました、妻の友人の、ご主人が、躁鬱病で個人病院に通っていて、そこの先生が名医らしく、病院を変えてみたらとの事です。

たしかに、総合病院は、朝早く行って、終わるのが、昼過ぎですから、午前中が、潰れてしまいます。妻の言う通り、変えてみました。朝9時に受診して、終わるのが10時ぐらいです。時間が、相当短縮されました。それと、たしかに、個人病院(M病院)の院長の医師は、的確なアドバイスを頂けます。
例えば「環境が、変えられなければ、自分自身が変わる事です、自分が、変われば義父さんも貴方の見方が変わってきますよ、具体的に、言いたい事はハッキリ言う事、間違ってるなと思ったら、、怖がらず、ハッキリ間違ってると言う事等)

M病院は、今でも通院しています。

医師は、私の医療費の心配をして頂き、(自立支援医療等受給者証)を発行して頂きました。医療費とクスリ代が無料になる制度です。今までは、2週間に一回通って医療費とクスリ代だけで、一回5千円ぐらいかかってましたので、月に約1万円ぐらいです。助かります。と同時に精神障害手帳も発行した方が、いいと言われたので、お願いしました。
手帳が、あると、何級かによりますが、自治体の体育館やプール、施設、バス代、タクシー代、市営駐車場代等が、無料になります。手帳には、一級、二級、三級と有り、私は、二級の手帳を頂きました。ちなみに、一級が、1番重症な手帳です。

私は、平穏無事だった頃に戻りたい、でも、どんなに望んでも過去には決して戻れない、未来に目を向けるしかない。

第7章に続く