壮絶,うつ病闘病日記,妻の浮気妊娠,自殺未遂

人生の道を間違えた男の生きざま。うつ病発症して、妻に浮気されて、二度自殺未遂まで起こしました。挙げ句の果てに、生きてる価値無しと言われちゃいました。

壮絶うつ病闘病日記,妻の浮気妊娠,自殺未遂

*****第5章*****

私の妻と義母は、私が義父に、されている事を、どのように、思っているのか、書いてみます。

まず、義母ですが、性格は、かなり、打たれ強い所が、あります。義父に、蹴っ飛ばされても、何を言われても、平然としている忍耐強い人です。夫婦だからか?私に対しては、義父に全ての面で同調します。

義母に初めて会う前に、妻からは派手な人と聞いていたのですが、思っていた以上でした。初めて会った時は、40代でしたが、どう見ても、40歳超えてるようには、見えませんでした、髪は、茶髪で服装がヒョウ柄のタンクトップにミニタイトスカートで迎えてくれました。

妻から聞いたのですが、下着も派手らしいです。しかも、仕事は、いつもミニスカート出勤です。美人で、スタイル良し、映画のバイオハザード2に出てくる、ジルに雰囲気が似ています。

タバコも吸います。学歴は、中卒で、(義父も中卒です)(昔は、中卒の人が、沢山いたみたいですね、私は、学歴なんか、どうでもいいと思ってます、問題は、どのように生きたかが、重要だと思ってます、田中角栄も中卒ですから)妻曰く、若い頃は、今で言う、ヤンキーをしていたらしくて、義父も同じくヤンキー上がりで、若い頃は、ヤンキーグループのボス的存在だったみたいです。だからこそ、素質が有り、今の事業を興したと思います。義母が、義父に惚れて、結婚したらしいです。
横道にそれましたが、最初の頃は、義母は私が義父に叱られると、義父のいない所で、(気にしない事)と言ってくれてました。ただ、全体的に見て、義父よりです。
私の病気にも、理解が、全く有りません、義父の影響だと思います。
又、引っ越して間もない頃、1度義父のいない時に誘惑された事が有ります。
それは、休みの日に義父宅に届け物を持って行った時、義父は留守していた時です。
上がっていきなさいと言われ、お邪魔した時に、義母はビールを持って来ました。「これ、飲みなさい」と言われましたが、私は、車だったので、スミマセンと言い断りました。
私の記憶では、義母は、ビールを何杯も飲んだと思います。そして、暑いと言って、下着だけになって、私に「私としたい?」と言ってきました。
私は、「スミマセン、今から何時に約束が有るので、失礼します」と言って、逃げるように、義父宅を出ました。

次の日に職場で義母は、「昨日の事は、内緒ね」と言ってきました。
この事があってから義母の事は信じられない人だと思うようになりました。

妻は幼少期、妹と小学校六年生まで、義母方の祖父祖母に育てられました、何故なら義父は子供がどうも苦手らしい。
そして、義父義母方に戻り、それからが、大変だったみたいです。義父が厳しく、スパルタ教育で勉強しろと夜0時までは、寝かせてもらえなかったとか、塾も、中1から通い、テレビは、休みの日以外は、見せてもらえなかったみたいです。

地元の高校出て、東京の某女子大学に受かり、某大手アパレル業界に入って、社長秘書です。身なりは少し派手な所が有ります。顔は、義母によく似てます。
東京で大学在学中と卒業後は、よく芸能界やモデルとして、スカウトされたらしいです。中には、AV女優とか、風俗関係にスカウトされた事もあるようですが、義父に何言われるか、怖くて、全て断ってたとの事です。性格は正直良いとは言い難いです。私の病気に関しては、正直、全く理解してません。又、私が仕事の話しをすると、不機嫌になります。

第6章に続く