壮絶,うつ病闘病日記,妻の浮気妊娠,自殺未遂

人生の道を間違えた男の生きざま。うつ病発症して、妻に浮気されて、二度自殺未遂まで起こしました。挙げ句の果てに、生きてる価値無しと言われちゃいました。

壮絶,うつ病闘病日記,妻の浮気妊娠,そして・・

ここまで、ブログを見ていただき、ありがとうございます。
記事の作成が間に合わないので、少し時間を下さい。



鬱病患者さんの、接し方5

鬱病患者さんの接し方。
1:普段と変わらずに接する
うつ病患者のことを思いすぎて、
逆に他人行儀のような接し方をしてしまう方も多いです。
例えば、
・本人を不安にさせないようと、恐る恐るはなしかけてしまっている
・何を考えているかを直接、本人に聞けないからブログなどをこっそり見る
このような行動を起こしてしまうのもわかりますが、
これは典型的なよくない接し方です。
いつもと違うようなコミュニケーションは
相手にも伝わりますし、家庭の雰囲気も違和感を感じます。
それが、逆に緊張感をつくってしまい、
家庭が安心する場ではなくなってしまいます。
このようにならないためには
「普段通りに接する」のが1番。
普段通りに
・会話をする
・ご飯を食べる
・一緒に出かける
これだけでいいのです。
変に考えすぎて、居心地の悪い家庭にしないよう
意識していきましょう。
 
2:規則正しい生活をサポートする
うつ病患者さんは、精神的な乱れから
不眠になったり、薬の副作用があったりして
生活のリズムが崩れてしまうことが多々あります。
生活のリズムが崩れてしまうと、
ホルモンバランスも崩れてしまうのです。
生活のリズムを整えることは、
家族のサポートがかなり必要となってきます。
・朝起きるのが遅かったら、起こしてあげる
・食事を促してみる
・一緒に散歩に出かけてみる
など、決して無理に誘ったりはしてはいけませんが、
生活リズムを整える支援は重要です。
 
 
3:診察に同伴しよう
精神科医うつ病患者さんの全てを
知っている訳ではありません。
うつ病患者さんは、話すのも辛いこともあり、
十分に伝えられないことがあります。
家でどのように過ごしているのかを知っている、
ご家族の方がサポートしてあげるのです。
家でどんな感じに過ごしているのかを
医師に伝えるだけで、的確な判断を下すことができます。
 
なるべく一緒に病院へ行き、
サポートしていきましょう。
 
4:励ましてはいけない



うつ病患者さんは励ましてはいけない」
というのは、よく聞くかと思います。
しかし、この言葉だけを鵜呑みにしてしまうと、
問題を起こしてしまう可能性があるので注意です。
なぜ励ましてはいけないのでしょうか?
それは、
うつ病患者さんにプレッシャーを与えすぎてはいけない」
ということが本当の意味なのです。
精神的に不安定になっている時に
プレッシャーがかかってしまうと
精神的にかなり辛くなってしまいます。
 
例えば、
「早く治って、復職できるように頑張ってね」
これはプレッシャーを感じてしまうのです。
 
「あなたが元気になるよう、一緒に治していこうね」
というだけで、プレッシャーはかからないです。
決して励ましてはいけない!ということではないですが、
プレッシャーにならない言い回しを工夫していきましょう。
 
5:病気の理解をしておこう
1でお伝えした通り、普段通りに接することが重要です。
病気の理解が深まっていれば、
変な気遣いをせずに、普段通りに接することができます。
まずはうつ病患者さんへの対応に焦らずに、
病気を理解することから始めていきましょう。
 
まとめ
うつ病患者さんへの接し方を5つご紹介しました。
1:普段と変わらずに接する
2:規則正しい生活をサポートする
3:診察に同伴しよう
4:励ましてはいけない
5:病気の理解をしておこう


























e87.com(千趣会イイハナ)





DHCオンラインショップ



ミキハウス年間常設




トイザらス・ベビーザらス オンラインストア



タカラトミーモール



カタログ通販ベルーナ(Belluna)


オンワード・クローゼット



イオンスタイルファッション




日本直販オンライン




明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』




サンスターオンラインショップ




Rakuten Travel




JAL 日本航空